カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年10月16日
  • カンボジアニュース

不動産会社CBREが第3四半期の不動産市況を報告[経済]

news_201910161
(c)Khmer Times

 不動産会社CBREによると、今年の第3四半期にはコンドミニアムの新規プロジェクトが9件ローンチし、その半数以上が中間価格帯の物件だ。また、建設場所はチャムカーモーン区とチョロイチャンバー区に集中している。

 平均販売価格は、高価格帯の物件で1平方メートルあたり3190ドルと前期比で1.9%低下した。また、これとは対象的に低価格帯は1平方メートルあたり1531ドルと2%の上昇、中間価格帯は1平方メートルあたり2600ドルと1.2%上昇した。

 全体の売上では中間価格帯と高価格帯のコンドミニアムが減少し、手頃な価格の物件の売上が増加している。CBREによると、交通渋滞を避けるために都心のコンドミニアムを購入したい地元住民の増加が背景にあるという。


 また、完成物件による市場への供給は低調しており、供給量は前年同期比で5.1%増加、約1万7510戸に留まっている。

 賃料は、中間価格帯と低価格帯でほぼ安定しており、また今後の供給の増加により中期的には大幅に上昇するとは予測されていない。

 

関連記事
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(12月02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
法律
不動産所有者に対し外国人の賃貸に報告義務を課す カンボジア[法律]
(08月30日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
今後2年くらいでシアヌークビルのマーケットのトップが見えてくる[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
業界
シアヌークビルの一部の地価はプノンペンより高い [不動産]ロス・ウィーブル(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース