カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年6月11日
  • カンボジアニュース

プリンスグループ、巨大リゾート開発をシアヌークビルで着工[経済]

news_201906112
(c)Khmer Times

 ホテルとエンターテインメントの複合施設であるプリンスティエンシーワンが6日、シアヌークビルで着工された。クメールタイムズ紙が報じた。

 このプロジェクトは中国企業プリンスリアルエステートグループによるもので、沿岸の新しいランドマークとして、2023年3月に完成予定。

 5つ星ホテルやサービスアパートメント、シアヌークビルで最大規模の免税店、豪華なショッピングウォークで構成され、IMAXシネマ、ヨットドック、ビーチもある。

 プリンスリアルエステートは、グループ全体でカンボジアに1200万平方メートル超の土地を所有しており、2000万平方メートル超の開発計画と20億ドル超の投資資本を所有しているという。

 同社は開発の戦略都市としてシアヌークビルを選択し、このプリンスティエンシーワンに加えて、今後開発を予定しているプロジェクトには、プリンスITビル、プリンスタイムズホテル、プリンスシティセンター、プリンススプレンディッドニュータウン、プリンストレジャーアイランド、プリンスシーショア1号などがあるという。

関連記事
社会
建設中のビル倒壊、24人死亡 カンボジア[社会]
(24日)
経済
泥酔して叫び、喧嘩する中国人 チャイナタウン化するシアヌークビル[経済]
(13日)
社会
デタラメなクメール語看板を391枚撤去 シアヌークビル[社会]
(04日)
経済
中国から高炉を移設する計画 カンボジア[経済]
(05月28日)
社会
中国人ギャング、シアヌークビルの支配権を掌握すると宣言[社会]
(05月17日)
経済
カンボジア国立銀行、不動産部門の成長は減速すると予測[経済]
(04月26日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース