カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2019年4月3日
  • カンボジアニュース

プノンペン王立大学の学生チームが3Dプリンターを自作 カンボジア[社会]

news_201904034
(c)Phnom Penh Post

 プノンペン王立大学のコンピュータサイエンス部の学生らが3Dプリンタを自作した。プノンペンポスト紙が報じた。

 この3Dプリンターは先月プノンペンのダイヤモンドアイランド開催された、カンボジアデジタルカンファレンス&エキシビション2019で展示され、多くの注目を集めた。

 開発に携わったボン・ロンさん(カンポット州出身・23歳)は、「部品を1から集め何か新しいものを作るという課題に直面した際、先生から3Dプリンターを作ってみてはどうかという提案がありました。それは実質的に私達が直面していた課題の答えとなりました」と話した。

 市販の3Dプリンターと比較すると荒っぽい仕上がりではあるが、今後プノンペン王立大学の学生が同様の課題に直面した際に大変貴重なものとなるだろう。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース