カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年4月2日
  • カンボジアニュース

タイ国境沿いのポイペト 4000戸の複合開発プロジェクトが進行中[経済]

news_201904021
(c)Khmer Times

 地元企業のトータルホームエンタープライズ社は、バンテイメンチェイ州の70ヘクタールの敷地に複合開発プロジェクトが進行している。クメールタイムズ紙が報じた。

 ポイペト市プサー・カンダール地区にあるパークシティボレイ計画は、タイ国境近くの不動産需要を満たすことを目的としています。

 同社によると、このプロジェクトには約2000戸の住居施設や商業施設の外、スポーツジムやプール、コンベンションホール、カジノなどの設備が整うという。

news_201904021
(c)The Park City Poipet

 ポイペト市には4つの経済特区があり、工場では何千人もの労働者を雇用されている。約3万人の外国人を含む約15万人の市民が居住しており、国内で最も急成長している都市の1つだ。

関連記事
経済
カンボジア産レンガの価格が過去18か月間安定[経済]
(19日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
経済
シアヌークビル市内の建設プロジェクト22か所に一時停止命令[経済]
(05日)
労働
フン・セン首相、増えすぎる中国人労働者の必要性を主張[労働]
(07月30日)
社会
バンテイメンチェイ州など7州で4万Haの水田が干ばつ[社会]
(07月22日)
経済
4つの太陽光発電プロジェクトを承認 カンボジア[経済]
(07月15日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース