カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年2月18日
  • カンボジアニュース

カンボジアとベトナムは輸入関税の撤廃に合意[経済]

news_201902181
(c)Khmer Times

 カンボジア商業省によると13日、カンボジアとベトナムの貿易関係において、関税撤廃などについて合意した。クメールタイムズ紙が報じた。

 同省パン・ソラサック大臣と、ベトナム商工省のドー・ コク・フン氏が議長を務めた会議において、ベトナムは、カンボジア産のコメ30万トン、タバコの葉3000トンと、割当量を拡大のほか、32品目を関税ゼロにする約束した。また、その見返りとしてカンボジアは、26品目のベトナム製品に関税をかけない特権を与えることに合意した。

 両国は二国間貿易の目標である50億ドルとなることを目指しており、2017年では前年比25%増の38億ドルに達している。

関連記事
経済
欧州連合とのEBA協定 カンボジア縫製業協会「完全に撤回する可能性は低い」[経済]
(06日)
経済
日本・カンボジアの第1四半期の貿易額16.5%増[経済]
(05月15日)
経済
商業省、カンボジア貿易統合戦略(CTIS)を改定[経済]
(05月06日)
社会
ベトナムがカンボジアに50メガワットの電力を追加供給 [社会]
(04月15日)
経済
カンボジア 対中国のコメ輸出量、第1四半期59%増加 [経済]
(04月15日)
経済
中国企業が文具・スポーツ用品工場をオープン カンボジア[経済]
(04月12日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース