カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年2月18日
  • カンボジアニュース

230メートルの超高層ツインビル起工 カンボジア[経済]

news_201902182
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンで14日、2億3000万ドルを投じて62階建てのツインビルディングプロジェクトの起工式が行われた。2023年までに完了する予定だという。プノンペンポスト紙が報じた。

 このプロジェクトは、カンボジアの大手コングリマット企業、ロイヤルグループの子会社であるロイヤルワンと、中国四川省の建設会社、Sichuan Huashi Group Co Ltd(Huashi Group)との合弁事業。

 ロイヤルワン・ツインビルディングは、ロシア通りとモニボン通りの交差点に位置する旧プノンペン都交通警察棟の敷地(4036平方メートル)に建設され、完成すれば高さ230メートルになる予定だという。

 建設予定地の周辺地価は現在、1平方メートル当たり4500ドルから6000ドルで取引されている。

 このビルには、地下6階レベルの地下駐車場と共に、居住施設、商業施設、オフィスなどの複合商業ビルとして使用される。

関連記事
経済
プリンスグループ、巨大リゾート開発をシアヌークビルで着工[経済]
(11日)
経済
中国から高炉を移設する計画 カンボジア[経済]
(05月28日)
経済
中国中車がロイヤル鉄道と提携か カンボジア[経済]
(05月01日)
経済
カンボジア国立銀行、不動産部門の成長は減速すると予測[経済]
(04月26日)
経済
デザイン建築会社ダイレクターが語る昨今の建築業界とは カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
現地大手建設会社 国際会議展示場の建設に1600万ドルを投じる カンボジア[経済]
(04月02日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
人口の80%は銀行口座を持たない [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース