カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月18日
  • カンボジアニュース

欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]

news_20190118
(c)Phnom Penh Post

 欧州連合(EU)がカンボジアとミャンマーからのコメに関税を課すことを決定した。輸出業者やエコノミストらは、EUの決定を克服するための解決策は、運用コストの削減と市場の多様化であると述べている。プノンペンポスト紙が報じた。
 
 欧州委員会(EC)は16日、ヨーロッパの生産者に経済的な損害をもたらしているとして、関税の再導入を決定した。この決定は3年間有効で、その間に関税率は段階的に引き下げられ、初年度は1トン当たり175ユーロ(199.5ドル)、2年目は150ユーロ(171ドル)、最終の3年目は125ユーロ(142.5ドル)が課される。

 政策研究センターのチャン・ソポール所長は、「EUへのジャスミン米の輸出に深刻な影響は無いが、白米は影響を受けるだろう。コメ農家はジャスミン米や他の作物に転作するかもしれない」と述べ、ジャスミン米の輸出に深刻な影響を与えない理由として、「消費者がカンボジアのコメを好むなら、ヨーロッパのスーパーマーケットで値上げされても消費者は気にしない。本当の影響はカンボジアのコメに対する消費者の見解に依存する」と述べた。

 昨年開催された国際的なコメの品評会で、カンボジア産のジャスミン米が優勝しており、通算して5度目の優勝となった。

 また、カンボジアコメ協会のフン・ラック副会長は、「カンボジアは依然として欧州を主な市場と見なしているため、欧州への輸出を継続するために営業費用を削減する必要がある」と述べる一方、「中国は昨年、カンボジアに年間30万トンの輸入割当量を提供したので、今後は中国への輸出の拡大が期待できる」と述べた。

 カンボジア政府のデータによると、昨年は62万6225トンのコメを輸出しており、そのうちEUへ輸出されたのは約43%の26万9127トン、中国へ輸出されたのは17万トンだ。中国への輸出が30万トンに拡大されれば、EUの関税による影響を抑制できる可能性がある。

関連記事
経済
中国当局、カンポット州のバナナ工場を視察 カンボジア[経済]
(19日)
経済
ドリアンの収穫高は悪天候のため減少 カンボジア[経済]
(05月15日)
経済
日本・カンボジアの第1四半期の貿易額16.5%増[経済]
(05月15日)
経済
商業省、カンボジア貿易統合戦略(CTIS)を改定[経済]
(05月06日)
経済
農産物の輸出に対する付加価値税を2023年まで免税か カンボジア[経済]
(04月01日)
経済
インドネシアとの二国間貿易額が4%増 カンボジア[経済]
(03月29日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース