カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月3日
  • カンボジアニュース

シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]

news_201801031
(c)Khmer Times

 プリンスリアルエステートグループは、カンボジア沿岸部のシアヌークビルにある6万平米の敷地にプリンスITビルディングを建設した。クメールタイムズ紙が報じた。

 このプロジェクトに携わる中国建設の責任者は、「大規模で国際的なIT企業を誘致し、シアヌークビルを情報技術のハブへと変貌させるだろう」と語る。

 プリンスリアルエステートグループは、プノンペンで、プリンスモダンプラザ、プリンスプリンティングプラザ、プリンスインターナショナルプラザを含む一連の大きなプロジェクトを開発している。

 同氏は、「このプロジェクトは、住宅およびオフィスビル、ホテル、クラブ、工業団地を含む幅広い産業をカバーする合計256万平方メートルの面積を占めている」と述べた。

 地方の土地管理当局によると、沿岸部では、2018年1月から11月までの間で、297の建設プロジェクトが承認され、総投資額は約10億2000万ドルに及ぶという。

関連記事
経済
シアヌークビルに2つのショッピングモールが年内オープン[経済]
(01日)
観光
シアヌークビルに222室のリゾートホテルがオープン[観光]
(10月22日)
経済
カンボジアの建設投資が好調 前年同期比3割超[経済]
(10月18日)
労働
カンボジアの建設労働者数、30%減少[労働]
(10月17日)
経済
シアヌークビル、オンラインカジノの禁止により地価が短期的に下がる見込み[経済]
(09月13日)
経済
プノンペン都、中国人投資家に低価格住宅への投資を要請[経済]
(09月05日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース