カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年12月27日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引 史上最高の取引高を記録[経済]

news_201812271
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)のプレスリリースによると、24日に総額4億4300万ドル、215万535株が取引され、前回記録93万9498株を超え、史上最高の取引高を記録した。クメールタイムズ紙が報じた。

 CSXによると、取引の殆どは、SBIロイヤル証券によるシアヌークビル自治港(PAS)の株取引(214万4300株)によるもので、通常のオークションによる取引方法(ATM)ではなく、交渉取引方法(NTM)によるものだ。

 交渉取引方法とは、オークション取引方法に加えて2018年1月に導入された新しい取引方法で、この取引方法を使用されたのは4月にPAS株の株取引(7万3098株)に次ぎ、今回で2回目となる。

 NTMは、投資家は相手方と交渉した価格により1度で大量の株式や債権を売買することが可能だ。

 なお、CSXによると、2018年当初から12月20日までの間、1日の平均取引量は6468株。また、上場企業の増加により証券口座の開設は増えており、来年には2社が上場を予定している。

関連記事
経済
カンボジアの海運業界の最大の課題はインフラ[経済]
(13日)
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(08月23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(08月20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(08月20日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(08月15日)
経済
シアヌークビル自治港の混雑が海運サービスに影響[経済]
(08月06日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
業界
証券マンからフリーター、運命を変えた阪神淡路大震災[建設・内装]谷俊二 (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース