カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年12月26日
  • カンボジアニュース

2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]

news_201812261
(c)Khmer Times

 国土整備・都市化・建設省の2018年の年次報告書によると、2018年に承認された建設プロジェクトの数が19%減少したと報告した。

 今年は2867件、52.2億ドルの建設プロジェクトが承認され、前年の3052件、64.2億ドルから18.66%減少した。

 一方で同省の手数料収入は9760万ドルにのぼり、前年の9300万ドルより増加した。手数料収入の内訳は、地籍サービスが約1150万ドル、建設サービスが405万ドル、企業および工場用地からの収入が7万ドル、資産移転税が819万ドルだった。

 新たにカンボジア不動産協会の会長になったセンチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、「若者、特に新婚夫婦は現在、自分の家を探しているので、住宅プロジェクトに対する需要は依然としてたくさんある。また、開発する土地もあるので、将来的にはもっと多くの投資家がやってくるだろう」と語った。

 アドバンスリアルエステート社のポー・エアウコンCEOは、「この減少は業界の実際の状況を反映していない」と述べ、「承認を待っているプロジェクトは統計に含まれていない」と説明した。

 また、同氏は、「2016年と2017年には登録プロジェクト数が大幅に増加したたため、2018年にはこの成長が鈍化するのは当然のことだ。大規模なプロジェクトは2~3年で完成するので、登録数が遅くなる年もある」と述べた。

 同省によると、承認されたプロジェクトの総数のうち、245件(約48億ドルの投資)が省に登録され、2622件(4億ドルの投資)が州当局によって承認された。

関連記事
労働
カンボジア政府、サウジアラビアへのメイドの派遣は消極的[労働]
(06日)
経済
プノンペン都、中国人投資家に低価格住宅への投資を要請[経済]
(05日)
経済
建設法の草案が閣僚会議で承認 カンボジア[経済]
(03日)
経済
今後3年間で公共投資に144億ドルを費やすことを承認 カンボジア[経済]
(02日)
経済
トゥールコーク区の商業施設の建設作業が中断[経済]
(08月29日)
社会
14棟の建物が安全でないと判断され解体命令 カンボジア・シアヌークビル[社会]
(08月28日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース