カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年12月25日
  • カンボジアニュース

シアヌークビルの建設プロジェクトでホテルの売却を中止 シンガポール系企業[経済]

news_201812252
(c)businesstimes.com.sg

 シンガポール証券取引所の上場企業Hong Lai Huatグループがカンボジアで手がけている複合施設、Dシービュー(D’Seaview)のホテルの売却が中止された。ビジネスタイムズ紙が報じた。

 カンボジアの沿岸部のリゾート地、シアヌークビルで開発がされている複合施設、Dシービューの開発プロジェクトで、1140万ドルでホテルの売却を予定されていたが、買主が全額を支払わなかったため、中止された。

 Dシービューは、Hong Lai Huat社によるカンボジアでの最初のプロジェクトであり、737戸の住宅ユニットと67軒の商業ユニットで構成されている。

 同社は、2万2064平方メートルに及ぶ隣接する土地の売却も進めているが、Dシービューは2019年に完了する予定で、ホテルの売却終了による影響はないと述べた。

関連記事
経済
カンボジア国立銀行、不動産部門の成長は減速すると予測[経済]
(04月26日)
経済
デザイン建築会社ダイレクターが語る昨今の建築業界とは カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
現地大手建設会社 国際会議展示場の建設に1600万ドルを投じる カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
タイ国境沿いのポイペト 4000戸の複合開発プロジェクトが進行中[経済]
(04月02日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
2つのリゾート開発プロジェクトを承認 カンボジア開発評議会[経済]
(02月25日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース