カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月25日
  • カンボジアニュース

高層ビジネスセンターのユニット販売促進に関する覚書 カンボジア[経済]

keizai_20181125
(c)Khmer Times

 センチュリー21カンボジアとモルガンフォードインベストメントは18日、プノンペンで現在建設中の1億6000万ドルの多目的ビジネスセンター、モルガンタワーのユニット販売を促進する覚書を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 本契約当事者は、中国の大手不動産代理店であるセンチュリー21チャイナ。46階建てのモルガンタワーの建設は今年8月に始まり、2021年に竣工予定だ。

 センチュリー21カンボジアは、中国、台湾、日本、香港、シンガポール、オーストラリア、アラブ首長国連邦の系列会社を通してプロジェクトを推進する。

 中国の投資額は過去5年間で210億ドル以上に達し、今年の上半期だけでも、50億ドル以上になる。

関連記事
経済
デザイン建築会社ダイレクターが語る昨今の建築業界とは カンボジア[経済]
(02日)
経済
現地大手建設会社 国際会議展示場の建設に1600万ドルを投じる カンボジア[経済]
(02日)
経済
タイ国境沿いのポイペト 4000戸の複合開発プロジェクトが進行中[経済]
(02日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
2つのリゾート開発プロジェクトを承認 カンボジア開発評議会[経済]
(02月25日)
経済
230メートルの超高層ツインビル起工 カンボジア[経済]
(02月18日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース