カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月3日
  • カンボジアニュース

トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]

keizai_2018110302
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンのトゥール・コーク区では、賃貸マンションの供給が3倍に増え、2030年代初めにはユニット数が5000台に達すると予測されている。クメールタイムズ紙が報じた。

 Vトラストのダイレクターは、「2019年は少なくとも200のアパートメントが市場に投入されるだろう」と語った。

 CBREカンボジアの報告によると、今年第3四半期に218のマンションが販売され、プノンペンでの総数は1万2048台に達した。

 国土整備都市化建設省は、今年の最初の9カ月間の建設投資資本は48億8000万ドルで、前年同期から14.47%減少したと発表した。

関連記事
社会
騙された住宅購入者達、将軍に対し非難の声 カンボジア[社会]
(04日)
経済
カンボジアの不動産セクターにおける低迷[経済]
(03日)
経済
今年上半期の商業スペースの賃料、近年最大の下落 カンボジア[経済]
(07月29日)
経済
プノンペン都の建設投資額、13億ドルに達する カンボジア[経済]
(06月17日)
経済
プノンペンの不動産販売は依然として堅調 カンボジア[経済]
(04月08日)
経済
建設業界は依然として堅調 カンボジア[経済]
(03月17日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース