カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月25日
  • カンボジアニュース

コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]

keizai_20181025
(c)Khmer Times 

 不動産会社CBREカンボジアの最新の報告書によると、プノンペンのコンドミニアムの供給は第3四半期に緩やかに増加し、市場に2374の新ユニットを追加した。クメールタイムズ紙が報じた。

 コンドミニアム市場における総供給は、第1四半期比で1.8%増加し、利用可能なユニットの総数は1万2048になった。

 販売価格はコンドミニアム部門全体で安定していたが、第2四半期と比較してすべての部門が僅かに上昇した。

 ハイエンド物件の価格は0.5%、中級物件は0.4%、安価な物件は0.2%上昇した。

 昨年同四半期と比較して売買価格は変動し、安価な物件は5%、ハイエンド物件は1.8%増加したが、中級物件の価格は2%減少した。

 CBREカンボジアのアソシエイトダイレクター、ジェームス・ホッジ氏は、「第3四半期では6つのプロジェクトが開始された。これは、約2年間の四半期で最も多いプロジェクト数だ」と述べた。

 今年9ヶ月間で、国土整備・都市化・建設省は、482億ドルに相当する2541のプロジェクトの建設許可を承認した。

関連記事
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(23日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
経済
シアヌークビル市内の建設プロジェクト22か所に一時停止命令[経済]
(05日)
経済
関係省庁連携で違法建設現場を食い止める カンボジア[経済]
(07月09日)
社会
建設中の建物内部で労働者が生活することを禁ずる カンボジア[社会]
(07月08日)
社会
ビル倒壊事故の被害者への寄付金が251万ドル集まる カンボジア[社会]
(06月28日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース