カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月20日
  • カンボジアニュース

建設投資額が14%減少 カンボジア[経済]

keizai_20181020
(c)Phnom Penh Post

 国土整備・都市化・建設省が発表した報告書によると、カンボジアの建設投資額は、昨年同期に比べて14%以上減少した。プノンペンポスト紙が報じた。

 今年1月から9月までの間、政府は48億ドルに相当する2541件の建設プロジェクトを承認したが、昨年同期間の56億ドルを14.47%下回った。

 9ヶ月間でプノンペンでは5階建て以上建物が92棟建設された。2005年から現在までは1084棟の建物が建設されており、この期間中に1028の建設会社が登録された。

 シアヌークビル州の土地管理部門のデータによると、2005年から2016年にかけて、5〜35階建ての建物が46棟増加した。

 昨年同省は、64億ドル以上に相当する3052件の建設プロジェクトを承認した。

関連記事
経済
米国 バイク製造拠点を中国からカンボジアへ[経済]
(20日)
経済
大手配車サービスグラブ BtoB向けに新たなサービス開始 カンボジア[経済]
(18日)
経済
ベトナムのTPP参加 カンボジア経済に悪影響か[経済]
(17日)
経済
アムルライスが5万トンの水稲を購入 カンボジア[経済]
(17日)
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(16日)
経済
170件の投資プロジェクトを承認 カンボジア[経済]
(16日)
あわせて読みたい
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース