カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月9日
  • カンボジアニュース

最低賃金が182ドルに決定 カンボジア[経済]

keizai_20181009
(c)Phnom Penh Post

 労働諮問委員会は、衣服および履物産業の労働者の最低賃金を、2019年1月から182ドルに引き上げることに合意した。プノンペンポスト紙が報じた。

 最低賃金は現在、月に170ドルである。

 雇用者はまた、政府に電気代を$ 0.167 / kWから$ 0.12 / kW / hに引き下げるよう要請した。

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、「政府は既存の給付と手当を変更することはない」と述べた。

関連記事
社会
内務省の公務員6000人を地方自治体へ配置転換 カンボジア[社会]
(15日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(11日)
統計
退職後に最適な国のランキングの生活費部門 カンボジアが1位[統計]
(06日)
観光
バガン―シェムリアップ間 直行便の可能性について両国担当大臣が協議[観光]
(05日)
労働
世界人材競争力指数 カンボジアはASEAN諸国最下位[労働]
(02日)
社会
中学校中退者向けにオンライン教育 カンボジア教育省[社会]
(01月23日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース