カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月3日
  • カンボジアニュース

スマートアクシアタ社が新たな奨学金プログラムに調印 カンボジア[経済]

keizai_20181003
(c)Khmer Times

 教育・青少年・スポーツ省郵便電気通信省(MPTC)は、カンボジアの大手通信会社であるスマートアクシアタと、今後3年間でデジタル企業のリーダーを育成するための覚書を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 覚書の署名により同社は、既存の奨学金プログラムと新しく発足した大学生開発プログラム(USDP)という2つのプログラムに150万ドルを投資することを約束した。

 この融資プログラムは、国立郵政・通信・ICT研究所に通う学生を含む、全国の大学に通うトップのカンボジア人学生をターゲットにしている。

 同社のトーマス・ハントCEOは調印式で、「この奨学金は、毎年20の奨学金を3年間提供し続けるという私たちのコミットメントであり、大学のプログラムのために学生1人当たり最大1万5000ドルが割り当てられる。これには授業料と月額手当が含まれている」と述べた。

関連記事
社会
政府 すべての公立学校にPC支給 カンボジア[社会]
(08日)
政治
5つの州で特別支援学校を運営 カンボジア[政治]
(11月21日)
経済
スマートアクシアタ GDPの1.5パーセントに貢献 カンボジア [経済]  
(10月22日)
経済
セルカード 来年から5Gサービスを開始予定 カンボジア[経済]
(10月05日)
経済
スマートアクシアタ 学生に教育資金を融資 カンボジア[経済]
(09月14日)
経済
スマートアクシアタとインパクトハブが共同で起業プログラムを開始[経済]
(08月22日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (3/3)
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (2/3)
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース