カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年8月27日
  • カンボジアニュース

大手MFIのハッタカクセカー カンボジア初の社債を発行[経済]

news_201808271
(c)Khmer Times

 カンボジア最大のマイクロファイナンス機関の1つであるハッタカクセカー(HKL)が、8月初めにカンボジア国立銀行の承認を取得し、同国初の社債を発行する。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社は、社債に約800億リエル(約1970万ドル)を提供し、投資家からの需要が予測を上回る場合には、追加で400億リエル(985万ドル)提供する。

 債券の満期は3年、年間表面利率は7.5~8.5%だ。

 HKLは、債券発行プロセス中にSBIロイヤル証券、財務アドバイザーおよび引受会社から指導を受けている。

関連記事
経済
カンボジア国立銀行と国際通貨基金が議論 カンボジア[経済]
(23日)
経済
カンボジア証券取引所 社債の発行を承認 カンボジア[経済]
(21日)
経済
カンボジア国立銀行 新しい金融リテラシーキャンペーンを発表 カンボジア[経済]
(19日)
経済
カンボジア国立銀行 外貨準備のための利払いを停止 カンボジア[経済]
(10日)
経済
カンボジア国立銀行 新たなMFIライセンスを取り消し カンボジア[経済]
(07日)
経済
AMKマイクロファイナンスが中国の銀行に80%の株式を売却  カンボジア[経済]
(08月31日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース