カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年8月14日
  • カンボジアニュース

タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]

news_201808141
(c)Khmer Times

 国際的なスーパーマーケットチェーンブランドであるマクロ(Makro)は、カンボジア開発評議会の投資承認後、シェムリアップに商業センターを建設すると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 プラサット・バコン地区に建設されるモールには約1900万ドルの費用がかかり、地元住民のために179の雇用を創出すると見込まれる。

 不動産会社CBREのアソシエイトダイレクター、ジェームス・ホッジ氏は、「小売市場の近代化は今や首都だけでなく全国で起きている。地方の町や都市は、プノンペンの足跡をたどって、需要にあった近代的な小売店を開発するだろう。観光客の数が多い地方の町や都市は、小売業の開発者にとっても興味深いだろう」と語った。

関連記事
観光
カンボジアとタイ 海洋観光協力に合意 [観光]
(17日)
経済
東南アジアのゴム部門を活性化させるプロジェクト カンボジア[経済]
(09月26日)
経済
中国系太陽光発電会社 投資を増やす カンボジア[経済]
(09月15日)
経済
中国企業代表団 カンボジア政府高官と投資について意見交換[経済]
(08月28日)
経済
カンボジア開発協議会 今年上半期で総額35億ドルのプロジェクトを承認[経済]
(07月31日)
経済
小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]
(07月27日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース