カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年8月2日
  • カンボジアニュース

数百の農家がキャッサバ契約農業計画に参加 カンボジア[経済]

news_201808021
(c)Khmer Times

 カンボジアの3州10農村では、市場価格より高い価格で販売される有機キャッサバが生産されており、数百もの農家がより良い収入を得ることができている。クメールタイムズ紙が報じた。

 エムルライス(Amru Rice)の代表は、「2000ヘクタールの土地を栽培する700の農家が、市場より20%高い価格で農産物を販売することで利益を得る。この契約によって、彼らにキャッサバ種子を与え、有機キャッサバの栽培方法や土壌の維持管理を訓練する」と述べた。

 昨年、従来のドライキャッサバの価格はキログラム当たり600〜700リエル(約0.17ドル)だったのに対し、新鮮なキャッサバの価格は1キログラム当たり300リエル(約0.07ドル)だった。

関連記事
社会
タモウク湖周辺に違法居住している家族を強制退去 カンボジア[社会]
(20日)
社会
カンボジアは深刻な眼科医不足[社会]
(04月18日)
経済
プノンペンの商業スペースの供給が見込減[経済]
(04月17日)
社会
プノンペン都に「お金の博物館」がオープン カンボジア [社会]
(04月09日)
社会
カンボジア新年に向け公共交通機関を無料提供 [社会]
(04月08日)
社会
プノンペン都 カンボジア日本友好橋再開通 [社会]
(04月04日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース