カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 未分類
  • 2018年7月26日
  • カンボジアニュース

プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]

news_201807262
(c)Khmer Times

 プノンペン自治港(PPAP)は、トンレサップ川沿いの土地9ヘクタールを、上海証券取引所に上場している不動産開発企業、広州粤泰(ユエタイ)集団にの子会社である柬城泰集団(CCTG)に50年間貸し出すことを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 PPAPは既にチョロイ・チャンバー橋(カンボジア日本友好橋)からナイトマーケットまで広がっている商業施設への展開を見込んで取引金額1650万ドルを支払っており、「商業施設を開発することを正式に投資家および一般の方々に公表することを喜ばしく思う」と語った。

 このプロジェクトの目的は、借り手のために収入を生み出し、川沿いの都市開発に参加することだ。また、芸術文化センター、ウォータースポーツエリア、水上市場、技術センター、アパート、5つ星ホテルなどが含まれる予定だ。

関連記事
観光
中国人観光客 全体の32パーセント占める カンボジア[観光]
(17日)
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(13日)
経済
中国系ベンチャー 3万トンのバナナ輸出へ カンボジア[経済]
(08日)
観光
開発進むプレアシアヌーク 観光業に影響か カンボジア[観光]
(05日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
経済
中国 カンボジア不動産業界を牽引[経済]
(09月28日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
未分類の最新ニュースランキング
最新ニュース