カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア通信大手2社がモバイルインフラを強化[経済]

news_201807234
(c)Khmer Times

 スマートアクシアタは先週、コンポンチュナン州にトランシーバ基地局のタワーの建設を開始した。このプロジェクトは、カンボジアでのモバイルインターネットサービスの到達範囲を広げ、スピードを高める。クメールタイムズ紙が報じた。

 ベトナムの移動通信事業者でメットフォンの親会社であるヴィッテルは、先週同じ地域で基地局の建設を開始した。

 2つの電気通信設備は、USOファンド(the Universal Service Obligation Fund)に対する両社の企業責任の一部として建設されており、全通信事業者には、粗収益の2%を都市と農村の間のデジタル格差を縮める資金として寄付することとされている。

 カンボジア電気通信規制機関によると、2017年にカンボジアに850万人のインターネット加入者があり、2016年に比べて50万人のユーザーが増加した。また、2017年にインターネットに接続されたSIMカードは1070万本以上で、人口の67%、2016年から34%増加した。

関連記事
社会
インターネットユーザー数が増加 カンボジア[社会]
(12月08日)
経済
スマートアクシアタ社が新たな奨学金プログラムに調印 カンボジア[経済]
(10月03日)
経済
スマートアクシアタ 学生に教育資金を融資 カンボジア[経済]
(09月14日)
経済
スマートアクシアタとインパクトハブが共同で起業プログラムを開始[経済]
(08月22日)
経済
インド カンボジアの農村をデジタル化するプロジェクト発表[経済]
(08月10日)
経済
フードデリバリーのニャム24 スマートアクシアタの傘下へ[経済]
(08月09日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース