カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月13日
  • カンボジアニュース

食糧生産プログラムは順調に成功へ向かっている カンボジア農水大臣[経済]

news_201807131
(c)Khmer Times

 農林水産省ヴェイン・サコン氏は12日、農業生産を向上させる政府の計画は順調だとし、農家や企業に対し、近代化と農業生産の国際基準を遵守を求めた。クメールタイムズ紙が報じた。

 ヴェイン大臣は、「政府は、“ブースティング・フード・プロジェクション(Boosting Food Projection)2017-2019”で示したように、カンボジアは2019年まで安全で質の高い野菜を6万トン、米を15万トンを毎年生産する。しかし、目標を達成するために農家と生産者は政府が発行した一連のガイドラインに従わなければならない」と述べた。

 また、同大臣は、「農業は、点滴灌漑システムのような高度な技術の導入により近代化する必要がある。農民は生産や加工の管理のルールを遵守する努力が必要であり、企業に契約農法を実施するよう促す必要がある」と付け加えた。

関連記事
経済
カンボジアのゴム輸出価格 減少続く[経済]
(11日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
カンボジアコメ協会会長 EU関税導入検討に懸念表明[経済]
(03日)
経済
カンボジア産キャッサバの価格が上昇[経済]
(11月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース