カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月13日
  • カンボジアニュース

シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]

news_201807132
(c)Khmer Times

 シアヌークビルの不動産部門は、新しい投資家やプロジェクトを誘致した好条件な投資環境のおかげで、2018年最初の数カ月間で急成長を遂げた。特に地方建設部門の事業活動が堅調に推移している。クメールタイムズ紙が報じた。

 プレアシアヌーク州のユン・ミン知事は、「2017年末と2018年の初めに国内外の多くの投資家が投資機会を勉強し、観光産業や建設部門、特に高層ビルに資金を投入した」と語った。

 また同知事は、「建設部門からの利益の一つは、人々の生活水準が目立つようになったことだ。人々の所得は着実に増加しており、1年に1000ドルから2000ドルの収入を得ることができる」と語った。

 現地不動産会社のラッキーリアルティー社のマネージングダイレクターは、「ここ数年、中国の投資が地域経済を押し上げ、日本と韓国の投資家も重要な貢献をしているが、中国がカンボジア政府と優れた関係を築いているという点で、この地域への投資でリードをとっている理由があるだろう」と述べた。

関連記事
経済
シアヌークビルの「スマートシティ」戦略に向けて豪州支援 カンボジア[経済]
(10日)
経済
国内観光客、5ヶ月間で370万人に達する カンボジア[経済]
(07月17日)
経済
パンデミックにより不動産業界は第2四半期に大きな打撃 カンボジア[経済]
(07月15日)
経済
今後の経済成長を後押しするため対外債務の多様化が課題 カンボジア[経済]
(07月13日)
経済
カジノ再開により、中国人の回帰に向けた準備が進む カンボジア[経済]
(07月07日)
経済
建設業界のマイナス成長は2021年に回復予想 カンボジア[経済]
(06月23日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
これ以上無いほど徹底して利便性を追求[不動産]ジュリアン・ホー チェニー・チャン
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース