カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月9日
  • カンボジアニュース

職業訓練の普及を促進するパートナーシップが締結 カンボジア[経済]

news_201807091
(c)Khmer Times

 カンボジア縫製訓練校(CGTI)と国家雇用機構(NEA)は、カンボジアでの職業訓練の普及を促進し、現地の労働力を増強するための覚書を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 この協定は、NEAのコミュニケーションチャンネルを通じたCGTIトレーニングコースの普及を促進するため、両組織間の積極的な協力に焦点を当てている。

 覚書に署名が行われた式典に出席したイット・ソムヘーン労働職業訓練大臣は、「この協定は特に衣料品分野における現地の労働力の強化を目的としており、国家労働力のスキルを向上させるための政府と民間部門の協力を表している」と語った。

 CGTIのダイレクターであるアンドリュー・テイ氏は、「カンボジアの工業化がより高度な生産レベルに移行するには少なくとも5年はかかるだろう。CGTIの職業訓練コースは業界でのより高いレベルの技術に適応するのを助けている」と述べた。

関連記事
経済
パンデミックによる解雇、損害賠償金の支払い免除 カンボジア[経済]
(07月02日)
経済
オンラインによるビジネス登録システムを開始 カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
毎月40ドルの特別手当 来週より給付開始 カンボジア[経済]
(05月22日)
労働
クメール正月の出勤拒否した従業員の解雇は正当 カンボジア労働省[労働]
(04月14日)
社会
カンボジア政府 国内全域に7日間の移動制限を課す[社会]
(04月10日)
労働
一時解雇された労働者に対し、月70ドルの支給 カンボジア[労働]
(04月09日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
業界
カンボジアのハローワーク、NEA(国家雇用機構)が指摘するカンボジアの労働市場の現実[人材]コイッ・ソミエン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース