カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月8日
  • カンボジアニュース

約5000トンの無農薬野菜を生産するプログラムが開始 カンボジア[経済]

news_201807082
(c)Khmer Times

 農林水産省によると、昨年8つの地方で農業生産を増強するプログラムが開始され、2018年には5000トン以上の無農薬野菜が生産されることが予想されている。クメールタイムズ紙が報じた。

 同省の担当者は、「昨年は820の農家を雇用し、約2500トンの無農薬野菜を栽培したが、今年は2060の農家を雇用するため生産量は倍増すると予想される。生産は5000トン、月には400トンに達するだろう」語った。

 同氏によると、このプログラムはカンボジアの野菜輸入依存を減らすのに役立ち、同国の有機農産物に対する需要は今や最高水準にあるとしている。

関連記事
経済
15年続いたカンポット・ケップ塩協会が解散危機 カンボジア[経済]
(22日)
経済
カンボジア農業大臣「今後はコメ以外の作物に焦点を当てる」[経済]
(08日)
経済
2018年のコメ総収穫量は750万トン 対前年3.5%増 カンボジア[経済]
(02月06日)
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(01月18日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
経済
香港企業出資のキャッサバ加工工場 来年までに稼働 カンボジア [経済]
(12月20日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース