カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月28日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル国際空港 新ターミナルがソフトローンチ[経済]

news_201806281
(c)Khmer Times

 6月27日、利用客増加に伴い改修されたシアヌークビル国際空港の旅客ターミナルが披露された。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアエアポート社によると、空港の改修には、現在の80%の規模拡大、施設の全面改装(特にチェックインエリア、搭乗ラウンジ、荷物受け入れゾーン)、および手荷物処理システムを含む新しい設備の設置が含まれる。改修後は、より大きな航空機や、特にアジアから遠く離れた市場からの飛行機に対応するという。

 同社の母体であるヴィンチ社は、「本日の式典はカンボジア政府との良好な関係を反映しており、空港開発は海岸全体の経済、観光、社会的成長の可能性を広げる」と述べた。

 プレアシアヌーク州の観光担当責任者は、「我々の目的は、観光客と投資を誘致することであり、ターミナルの改装は、更なるサービス向上にとって重要だ。昨年は約200万人の観光客が訪れ、うち50万人が外国人だった。今後2年間で遠方からの飛行便の増加を期待している」と話す。

 2017年、プノンペン国際空港とシェムリアップ国際空港を利用する乗客数はそれぞれ420万人、シアヌークビル国際空港は33万8000人、計880万人に達した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース