カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月22日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府 低コスト住宅プロジェクトに税制優遇[経済]

news_201806222
(c)Khmer Times

 低所得層と中所得層のための手頃な住宅政策の一環として、政府は税額控除を含む約束のもと、低コスト住宅プロジェクトの提案を開発者に提出するよう求めている。クメールタイムズ紙が報じた。

 経済財政省は20日、「新しい政策の下で、低コスト住宅プロジェクトの開発者へのインセンティブには、建設許可証、事業許可証などの必要書類の取得、また税制や官僚手続きの円滑化が含まれる。同プロジェクトが計画されている地域のインフラにも投資する予定だ」と語った。

 また続けて、「税金について、政府は所得税、固定資産税、付加価値税(VAT)において優遇を設ける。この目的は、恵まれない市民の生活を改善し、適切な住宅を手に入れるのを助けることだ」と述べた。

 なお、これらのインセンティブを享受するためには、1万5000ドルから3万ドルの価格の住宅を、プノンペンとその周辺の半径20キロ以内に最低100軒建設することが条件とされている。

 国土整備・都市化・建設省によると、カンボジアは急速な都市化の結果、2015年から2030年にかけて住宅需要を満たすために年間5万軒の住宅を建てる必要があるとしている。

関連記事
経済
カンボジア租税総局 印紙税の納税期限延長を発表[経済]
(11日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(11日)
経済
高層建築物に関するフォーラム開催 カンボジア[経済]
(03日)
経済
関税当局は密輸を撲滅するためのヘリコプターを保有 カンボジア[経済]
(06月27日)
社会
石油価格の高騰を受け7月から減税を実施 カンボジア[経済]
(06月25日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
業界
カンボジアの税務制度は変革期にある[法務・税務・会計]マック・ブラタナ、 ドゥク・ダリン
業界
有用性のある事前調査、プランニングが大切 [法務・税務・会計] 宮田智広
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース