カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月20日
  • カンボジアニュース

カンボジアのIT系企業のため投資プロジェクト発足 ワールドブリッジ[経済]

news_201806202
(c)Khmer Times

 ワールドブリッジグループの傘下にあるベンチャー企業OOCTANEは19日、カンボジアのIT系地元企業や国際起業家に投資するための基金の立ち上げを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアスタートアップ基金と名付けられたこのプロジェクトは、「カンボジアをデジタル強国に変えるというビジョンを持つ起業家の夢を促進することを目指している」とワールドブリッジグループ会長のシーア・リッティ氏は語った。

 同会長は続けて、「この基金は初期段階では500万ドルで、来年3000万ドルを追加する予定だ。資金の調達を希望する全ての企業に革新的かつ創造的なアイデアやビジネスプランの提出を呼びかける。私たちはそれらを評価し、資金を提供する会社を選択する」と述べた。

 郵便電気通信省は、「この新たな基金プログラムの掲げる目標は、革新を促進し、新たな創造的ビジネスアイデアを支援するという政府の目標と一致している。同国の科学技術分野が推進されると確信している」と語った。

関連記事
社会
テレコムカンボジア デジタル格差減少のため学校に無料Wi-Fiを設置[社会]
(07月07日)
経済
カンボジア郵政公社 電子決済・送金アプリを開始[経済]
(06月12日)
社会
カンボジア政府によるネット通信監視計画が進行[社会]
(05月22日)
社会
韓国の支援によりプノンペンの公園で無料Wi-Fiの提供スタート[社会]
(05月15日)
経済
郵便電気通信省 政府への支払いを拒否する通信事業者の社名公表[経済]
(05月05日)
社会
カンボジアICTコンテスト募集開始 総額賞金は2万7000ドル[社会]
(03月25日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
業界
カンボジアで最も大切なのはインフラの開発[運輸・物流]シーア・リッティ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース