カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月16日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引委員会 集団投資スキームに関するライセンスを発表[経済]

news_201806164
(c)Khmer Times

 地元証券市場の規制当局、カンボジア証券取引委員会(SECC)は、集団投資スキーム(CSI)関する新しいライセンスを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジア証券取引所(CSX)の運用ダイレクターのラムン・ソレイユ氏は、「CSIは、専門の投資チームが個人資金を管理し、様々な事業投資をする仕組みだ。投資チームは、投資スキルや投資管理の時間を持たない個人投資家のために行動する。CISは、投資家が個別に資金を管理していた場合よりも投資手数料が低く、分散投資を行えるメリットがある」と述べた。

 カンボジア人であれば、SECCで申請書を提出すれば、資金運用会社、流通会社、資金管理者、資金管理担当者、クラウドファンディング担当者、ファンド販売担当者、および受託者としてのライセンスを申請することができるという。

関連記事
経済
上場企業の純利益率は下向き カンボジア証券取引所[経済]
(10日)
未分類
カンボジア証券取引所 アプリの導入で過去最高の取引額を記録[経済]
(06月22日)
経済
シアヌークビル自治港 新ターミナル建設を発表[経済]
(06月16日)
経済
電力インフラ会社ぺステック・カンボジア 上場まもなく[経済]
(06月08日)
経済
カンボジア証券取引所 モバイル取引プラットフォーム開始[経済]
(06月06日)
経済
カンボジア証券取引所の上場企業3社 第1四半期の財務諸表提出[経済]
(05月28日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース