カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月14日
  • カンボジアニュース

プノンペン都ダンカオ区の土地価格が急上昇[経済]

news_201806143
(c)Khmer Times

 プノンペン都ダンカオ区の土地価格は、この地域の多くの新規開発プロジェクトのため過去6年間で急上昇している。クメールタイムズ紙が報じた。

 現地不動産会社のVトラストのレポートによると、INGシティや新国際空港の開発が盛んに行われているダンカオ区の特にチュンエク地区の価格は2012年以降35%増加した。

 報告書によると、2012年には217通りに沿った空き地の平均価格は1平方メートル当たり100ドルだったが、同じ通りの昨年の価格は1平方メートルあたり300~600ドルだった。

関連記事
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(12月02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
不動産会社CBREが第3四半期の不動産市況を報告[経済]
(10月16日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース