カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月8日
  • カンボジアニュース

電力インフラ会社ぺステック・カンボジア 上場まもなく[経済]

news_201806083
(c)Khmer Times

 マレーシアの電力設備大手ぺステック・インターナショナルの子会社、ぺステック・カンボジア(PCL)が、カンボジア証券取引所(CSX)への上場を承認された。

 同社は、送電線、変電所、地下電力ケーブルシステムの製造を専門とする電力会社で、昨年12月に申請書を提出している。上場した場合、6社目の上場企業となる。計画どおりに進めば、数ヶ月以内に上場が行われる見込み。

 CSXの市場運営部門のダイレクターは、「PCLの公開書類の草案はほぼ完成しており、まもなくカンボジア証券取引委員会(SECC)に提出する。次のプロセスは株価決定と、上場前に開示文書を投資家に提示するためSECCの承認を得ることだ」と述べた。

 
 また同氏は、「電力インフラ業界の成長は、経済発展を促進する政府計画と密に関連している。同社が投資家をどれだけ惹きつけるかは、投資家の好みやビジョンに左右される」と付け加えた。

 PCLの株式公開(IPO)は、最大3900万株で株価は10セント。総額2030万ドルの収益を上げる可能性がある。

関連記事
経済
プノンペン自治港とシアヌークビル自治港が顕著な成長[経済]
(18日)
経済
バナナ農家に政府への登録を指示 カンボジア[経済]
(16日)
政治
カンボジア政府 組閣は予定を早め9月6日に[政治]
(15日)
経済
アクレダ証券 カンボジア証券取引所の取引口座数トップに[経済]
(13日)
経済
フン・セン首相 中小企業銀行が農産物加工産業を活性化 [経済]
(13日)
経済
上位中所得国を目指すカンボジアへ支援を継続するようEUに要請[経済]
(08日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
業界
より多くの製品とサービスの導入で投資家を誘致していきたい[金融・保険]スヴァイ・ハーイ(2/2)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース