カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月6日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所 モバイル取引プラットフォーム開始[経済]

news_201806061
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア証券取引所(CSX)は、投資家がスマートフォンを使って売買を行うオンライン取引プラットフォームを6月25日に開始すると発表した。このモバイル取引システム(MTS)により、投資家はいつでもどこでも注文をしたり、個人の株価情報を確認したり、注文をキャンセルすることができるようになる。プノンペンポスト紙が報じた。

 CSXのマーケット・オペレーション担当責任者は、「この新しいシステムにより、投資家はブローカーを介す必要がなくなる。自分で市場のニュースを綿密に追跡し、取引やその他の市場特性についてより簡単に学ぶことができるようになるだろう」とMTSの使いやすさをアピールした。

 MTSのサービスを利用するためには、証券会社に口座が必要で、サービス開始後1年間は無料で利用できる予定だ。

関連記事
経済
プノンペン自治港とシアヌークビル自治港が顕著な成長[経済]
(18日)
経済
アクレダ証券 カンボジア証券取引所の取引口座数トップに[経済]
(13日)
経済
カンボジア証券取引所 取引量が第2四半期に214%の飛躍[経済]
(07月29日)
経済
有価証券に関するフォーラム カンボジア証券取引所[経済]
(07月24日)
経済
アクレダ銀行の株主ASA カンボジア証券取引所に上場予定[経済]
(07月21日)
経済
上場企業の純利益率は下向き カンボジア証券取引所[経済]
(07月10日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
業界
証券マンからフリーター、運命を変えた阪神淡路大震災[建設・内装]谷俊二 (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース