カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月2日
  • カンボジアニュース

アクレダ銀行 全支店の完全デジタル化に取り組む カンボジア[経済]

news_201806023
(c)Khmer Times

 カンボジア最大の商業銀行であるアクレダ銀行は、近い将来、カンボジアの全支店、全業務をセルフサービスで行うことができる完全デジタル化を目指す。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社のソー・フォナリー副社長は5月30日、「現在、プノンペンのイオンモール2号支店など3支店では、対面式を排除したデジタル技術を装備している。今後5年間で全国262支店のデジタル化を目指す。また、お客様のニーズに合わせてATMや携帯電話での取引も可能だ」と述べる。

 アクレダ銀行によると、現在弊社のATMは400台以上あり、今年だけで100台の新しいATMを整備、毎年50台増設する計画だという。

 アクレダ銀行の2018年4月末の総資産は5490万ドル、未払ローンは315万ドル、預金は357万ドル。ミャンマーにも支店を持っている。

関連記事
経済
アクレダ銀行の株主ASA カンボジア証券取引所に上場予定[経済]
(07月21日)
観光
アクレダ銀行など6金融機関 観光分野の教育資金に融資[観光]
(07月14日)
経済
サタパナ銀行が送金サービス「ウィング」と提携 カンボジア[経済]
(06月15日)
経済
韓国の中小企業銀行(IBK) 代表事務所を開設へ[経済]
(04月24日)
経済
サタパナ銀行 日系マルハン銀行との合併により大幅に利益回復[経済]
(04月20日)
経済
カンボジア業界4位のABA銀行 年内新たに11支店の追加を目指す[経済]
(03月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース