カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月28日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所の上場企業3社 第1四半期の財務諸表提出[経済]

news_201805281
(c)Khmer Times

 上場企業3社が、カンボジア証券取引所(CSX)に第1四半期の財務諸表を提出した。クメールタイムズ紙が報じた。

 台湾系縫製企業のグランドツインズインターナショナル(GTI)収益は、対前年比33%増加の2300万ドルに達した。売上高の増加と管理費の減少が要因で、海外顧客からの受注増加と、地元企業への縫製・梱包サービスの提供で利益が増加したという。クメールタイムズ紙には、「我々は顧客との良好な関係を維持する」と語っている。

 シアヌークビル自治港は、貨物量の増加により19%増の、1481万ドルに達した。しかし同社は、港湾拡大を目的とした融資返済において、米ドル―日本円の為替相場の変動により280万ドルの純損失を計上している。

 一方、プノンペン経済特区(PPSEZ)は145万ドルから18.32%減の119万ドルとなった。同社は、土地売却による収入減少が要因だといい、「賃貸やその他サービスに集中して回復を試みる」と語った。

関連記事
経済
シアヌークビル自治港 新ターミナル建設を発表[経済]
(16日)
経済
カンボジア証券取引委員会 集団投資スキームに関するライセンスを発表[経済]
(16日)
経済
電力インフラ会社ぺステック・カンボジア 上場まもなく[経済]
(08日)
経済
カンボジア証券取引所 モバイル取引プラットフォーム開始[経済]
(06日)
経済
プノンペン経済特区 第1四半期も収入減[経済]
(05月22日)
経済
プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]
(05月14日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース