カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月26日
  • カンボジアニュース

三陽パーツ 自動車部品の修理工場建設を発表 カンボジア[経済]

news_201805262
(c)Khmer Times

 日本の自動車部品メーカー・卸売業者である三陽パーツ(本社:山口県周南市)代表取締役の坂井圭二氏は、労働職業訓練省長官と会談し、カンボジアで自動車部品の修理工場を設立すると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 坂井氏は、「カンボジアでは、中古自動車部品のリサイクルと修理の需要が高い。現在カンボジアで使用されている中古車部品の多くは国際規格に準拠しておらず、事故につながる可能性がある。4年前に初めてカンボジアを来訪した頃から感じており、何とかしようと思った。公害や交通事故減少に繋がるよう自動車整備士を養成している学校と提携し、中古車のリサイクル技術開発を行う」と語った。

 長官は、「機械の製造・修理の技能を持つ人材を必要としており、修理センターの開設は、若手カンボジア人が自動車業界に関連する技術を習得する良い機会となる。このプロジェクトが成功し、国内の基準改善に繋がることを期待している」と述べた。

関連記事
社会
工場の郊外移転の方針を見直し プノンペン都庁[社会]
(04日)
経済
米国の金属包装製品会社 生産ラインの拡大 カンボジア[経済]
(02月13日)
労働
未払いの年功手当 一括払いの要求を取り下げるよう要請 カンボジア[労働]
(01月10日)
経済
米国 バイク製造拠点を中国からカンボジアへ[経済]
(11月20日)
経済
ベトナムのTPP参加 カンボジア経済に悪影響か[経済]
(11月17日)
経済
米中貿易戦争の激化 カンボジアに影響必至[経済]
(11月15日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース