カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月22日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区 第1四半期も収入減[経済]

 プノンペン特別経済区(PPSEZ)は、2018年の第1四半期の売上高が18%以上減少したと発表した。主な要因として土地売却を挙げている。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジア証券取引所への提出書類によると、PPSEZの今年第1四半期の売上高は117万ドルと、昨年同期の134万ドルからに減少させた。

 PPSEZグループの総収入は、2014年に2000万ドル以上の収益を記録して以来毎年減少しており、その金額は2017年に880万ドルまで減少した。同グループは現在、2016年後半にタイの国境に近い66ヘクタールの土地に初期投資額1000万ドルで設立されたポイペトSEZで、主に電子機器、衣服、自動車業界による開発を行っている。

関連記事
経済
プノンペン自治港とシアヌークビル自治港が顕著な成長[経済]
(18日)
経済
アクレダ証券 カンボジア証券取引所の取引口座数トップに[経済]
(13日)
経済
カンボジア証券取引所 取引量が第2四半期に214%の飛躍[経済]
(07月29日)
経済
有価証券に関するフォーラム カンボジア証券取引所[経済]
(07月24日)
経済
アクレダ銀行の株主ASA カンボジア証券取引所に上場予定[経済]
(07月21日)
経済
上場企業の純利益率は下向き カンボジア証券取引所[経済]
(07月10日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース