カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月18日
  • カンボジアニュース

オフィススペースの需要が高まるものの、着実な供給により賃料に動き見られず カンボジア[経済]

news_201805181
(c)Phnom Penh Post

 地元新興企業や国際企業のカンボジア進出によりオフィススペースの需要が高まるものの、新規開発の着実な供給により、賃料に大きな変化は見られない。プノンペンポスト紙が報じた。

 プノンペンで利用可能なオフィススペースは、不動産会社CBREの報告によると、昨年第1四半期の6万平方メートルから2018年第1四半期には35万5000平方メートルに増加した。一方、賃料は1平方メートル当たり15.2ドルから15.1ドルにわずかに減少した。同社は年末までにさらに約9万平方メートルの新しいオフィススペースが市場に出回ると見込んでいる。

 一方、賃料は1平方メートル当たり15.2ドルから15.1ドルに僅かな減少に留まっており、同社は年末までに約9万平方メートルの新しいオフィススペースが市場に出回ると見込んでいる。

 不動産会社、センチュリー21カンボジアのグレース・フォンCEOは、「需要が増加しても、オフィス賃料は昨年同期比で上昇していない」と語った。

 センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、「カンボジアのオフィススペースの需要が増えているのは、オフィススペースを探している中小企業が増えているためだ。国際企業、特に中国からの企業の進出による影響が大きい」と、述べた。

関連記事
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
経済
シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]
(07月13日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
プノンペン都ダンカオ区の土地価格が急上昇[経済]
(06月14日)
経済
カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]
(06月10日)
経済
プノンペン・ダイアモンドアイランドに新しく1億ドルの高層ビル建設予定[経済]
(06月01日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース