カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月18日
  • カンボジアニュース

オフィススペースの需要が高まるものの、着実な供給により賃料に動き見られず カンボジア[経済]

news_201805181
(c)Phnom Penh Post

 地元新興企業や国際企業のカンボジア進出によりオフィススペースの需要が高まるものの、新規開発の着実な供給により、賃料に大きな変化は見られない。プノンペンポスト紙が報じた。

 プノンペンで利用可能なオフィススペースは、不動産会社CBREの報告によると、昨年第1四半期の6万平方メートルから2018年第1四半期には35万5000平方メートルに増加した。

 一方、賃料は1平方メートル当たり15.2ドルから15.1ドルに僅かな減少に留まっており、同社は年末までに約9万平方メートルの新しいオフィススペースが市場に出回ると見込んでいる。

 不動産会社、センチュリー21カンボジアのグレース・フォンCEOは、「需要が増加しても、オフィス賃料は昨年同期比で上昇していない」と語った。

 センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、「カンボジアのオフィススペースの需要が増えているのは、オフィススペースを探している中小企業が増えているためだ。国際企業、特に中国からの企業の進出による影響が大きい」と、述べた。

関連記事
経済
高層ビジネスセンターのユニット販売促進に関する覚書 カンボジア[経済]
(11月25日)
経済
トンレサップ川沿いに大規模開発プロジェクト開始 カンボジア[経済]
(11月24日)
経済
シアヌークビル不動産賃貸 数年後伸び悩みか カンボジア[経済]
(10月27日)
経済
タクマウ市で新しい住宅プロジェクト カンボジア[経済]
(10月23日)
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(10月13日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース