カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月8日
  • カンボジアニュース

カンボジアの不動産業界 7月の選挙後も混乱なく、好調の兆し[経済]

news_201805082
(c)Khmer Times

 専門家によると、不動産市場の見通しは依然として強く、7月の総選挙による政治不安から不況に転じることはないという。クメールタイムズ紙が報じた。

 国土整備・都市化・建設省チア・ソパーラー大臣は、「7月の選挙は不動産部門の成長に大きな影響を与えない。シアヌークビルとプノンペンでは、地元や外資系企業が建設を続けている。経済は安定しており、投資家にとっても、今はカンボジア投資に良い時期で今後も継続する」と述べた。

 ラッキー・リアルティのCEOは、「カンボジア人が不動産を買い続けるため、政治情勢は住宅市場に影響を与えず、今後も伸びるだろう。市街に集まる人は多く、家を必要とする新婚も増えている。住宅市場では、現在価格高騰により利益をあげることができるため、ディベロッパーは買い手の要求に合ったプロジェクトを作る必要がある」と述べる。

 CLリアルティのCEOは、「現在、カンボジアは経済的に安定しており、より多くの投資家を呼び込んでいる。政府による投資家優遇政策のため、カンボジアはアセアンでも魅力的な国に映る。不動産部門の状況は非常にポジティブだ」と話した。

 昨年は、275社、3052の新しい建設プロジェクトが承認された。前年比22.31%増の64.2億ドルに達し、1074万平方メートルに相当する。

関連記事
経済
カンボジア・カンダール州に 2つの大規模衛星都市計画を発表[経済]
(21日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(20日)
経済
中国企業がチョロイチャンバー区の土地購入 カンボジア[経済]
(18日)
経済
オフィススペースの需要が高まるものの、着実な供給により賃料に動き見られず カンボジア[経済]
(18日)
経済
プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]
(14日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(12日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース