カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月5日
  • カンボジアニュース

郵便電気通信省 政府への支払いを拒否する通信事業者の社名公表[経済]

news_201805052
(c)Phnom Penh Post

 政府は4月30日、国庫への拠出を拒否する通信会社の名前を公表することを発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 これは、通信会社は年間収入の約3%を郵便電気通信省に支払う必要があるという2016年電気通信法の規制下で行われるもので、締め切りは4月30日。

 同省は、「4月上旬に通知しており、義務を履行しなかった企業の社名と代表者名を例外なく公表する」と警告した。

 政府は、当初の締め切りを3月1日に設定していたが、予定総額1700万ドル以上のうち集められたのは420万ドルのみ。加えて、これらの支払いの大部分(350万ドル)は、スマートのみで占められていた。

 カンボジアの大手通信会社は、マレーシアの通信大手アクシアタが所有するスマートアクシアタ、国内大手コングロマリットのロイヤルグループによる セルカード、ベトナム系のメットフォンが挙げられる。

関連記事
社会
テレコムカンボジア デジタル格差減少のため学校に無料Wi-Fiを設置[社会]
(07日)
経済
スマート・アクシアタ アジア最高権威の通信業者向けのアワードで受賞[経済]
(06月29日)
経済
カンボジアのIT系企業のため投資プロジェクト発足 ワールドブリッジ[経済]
(06月20日)
経済
カンボジア郵政公社 電子決済・送金アプリを開始[経済]
(06月12日)
経済
大手通信会社メットフォン 次世代4.5Gサービスの提供開始 カンボジア[経済]
(05月24日)
社会
カンボジア政府によるネット通信監視計画が進行[社会]
(05月22日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信業界の流れはダイバーシティ[通信・IT] イヴ・シェフェール (1/3)
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース