カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月5日
  • カンボジアニュース

格付機関ムーディーズはカンボジア経済をB2に維持[経済]

news_201805051
(c)Khmer Times

 格付機関ムーディーズはカンボジアの安定した経済的見通しと堅調な経済成長に基づき、同国の格付けをB2に維持した。しかし、投資家には7月の国民議会選挙が近づくに伴い、事業活動の落ち込みが起こる可能性があると警告している。クメールタイムズ紙が報じた。

 同機関はこの結論の要因として同国の堅調なGDP成長見通し、マクロ経済の安定性、政府収入の強化などを挙げている。一方、政治的な発展は制度改革の推進力を低下させる可能性があり、2018年7月に行われる国政選挙前後のFDI流入と援助の支援に重荷を与えると指摘した。

 しかし、同国の経済的見通しは、輸出拡大と外資の強い流入、観光客の着実な増加、内需の好景気などを背景に、改善点などはあるものの、2018・2019年ともに実質GDP成長率は約7%となることを述べた。

 アジア開発銀行もまた2018年から2019年にかけて、建設業、衣料品産業、観光業、国内貿易という経済成長の主要な推進要因において、同国のGDPが7%成長すると4月中旬に予測した。

関連記事
経済
ニューアウトパフォーマー カンボジア [経済]
(21日)
経済
日本への輸出 今年上半期は2桁成長まで回復 カンボジア[経済]
(08月03日)
経済
シェムリアップとコンポントム州で新しい有機野菜市場が開設[経済]
(08月01日)
経済
カンボジアの今年上半期の関税収入が28%増 関税消費税総局[経済]
(07月19日)
経済
カンボジア国立銀行 今年の実質経済成長率を7%と見積もる[経済]
(07月16日)
経済
輸出・観光・農業の力で成長するカンボジア経済[経済]
(05月15日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース