カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月4日
  • カンボジアニュース

カンボジア商工会議所 輸出促進のため、バーコードシステムの利用促進を目指す[経済]

news_201805041
(c)Khmer Times

 カンボジア商工会議所(CCC)は、模倣品に対する市場の保護と輸出促進のため、バーコードの現地使用を促進することを目指している。クメールタイムズ紙が報じた。

 2003年にGS1(ビジネスコミュニケーションのグローバルスタンダードを開発し維持する非営利団体)が開発したバーコードシステムがカンボジアで採択されて以降、CCCの監督下で運営されており、CCCは年次会議で、バーコード・プログラムを2018年の最優先課題として拡大することを決定している。

 GS1カンボジアのCEOは、「2003年以来、会員数は1000を超えている」とし、バーコードを使用することで在庫管理が容易になり、輸出業務が簡素化されると付け加えた。また、「商業、製造業、農業などのステークホルダーとともに、より多くの企業を拡大することを目指している」と語った。

 CCCのダイレクターでは、バーコードを使用する利点を強調し、「カンボジア製のブランドを宣伝するうえで非常に有益なことが証明されている。海外のバイヤーは、バーコードにより製品がカンボジアから来ていることを知る」と述べた。

関連記事
経済
2018年の対米国輸出額は昨年25%増加 カンボジア[経済]
(13日)
経済
カンボジアとベトナムは輸入関税の撤廃に合意[経済]
(02月18日)
経済
日本との二国間貿易が大きく拡大 カンボジア[経済]
(02月05日)
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(01月18日)
経済
カンボジア 欧米の特恵関税制度の取り消しの影響に対応[経済]
(01月14日)
経済
中国やベトナムとの二重課税協定が1月1日より開始 カンボジア[経済]
(01月03日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース