カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月1日
  • カンボジアニュース

ボンケンコン1地区で日本投資の新たなコンドミニアム着工[経済]

news_201805022
(c)Khmer Times

 プノンペンの中心地区であるボンケンコン地区で、日本の投資家から1800万ドルの投資を受けた新しいマンションビル、ラ・アトレ(L’attrait)が着工した。

 高さ26階建てのこの新しいプロジェクトは、2020年までに完成する予定で、149戸のハイエンドユニットを提供する予定である。

 CBREの最新の報告によると、今年初めの3ヶ月間に1200のマンションが完成し、供給は14%増加しているが、コンドミニアムの価格は、第1四半期中に前半3カ月間に約2%とわずかに下落している。

関連記事
経済
カンボジア・カンダール州に 2つの大規模衛星都市計画を発表[経済]
(21日)
経済
中間所得層向けのボレイ 売上が好調に推移 カンボジア[経済]
(20日)
経済
中国企業がチョロイチャンバー区の土地購入 カンボジア[経済]
(18日)
経済
オフィススペースの需要が高まるものの、着実な供給により賃料に動き見られず カンボジア[経済]
(18日)
経済
プノンペン経済特区 持続可能な住宅開発のためデザインコンペ[経済]
(14日)
経済
カンボジアの不動産業界 7月の選挙後も混乱なく、好調の兆し[経済]
(08日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース