カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年4月6日
  • カンボジアニュース

バガン―シェムリアップ間 直行便計画、見送り[経済]

news_201804071
(c)Khmer Times

 主要観光地であるバガン―シェムリアップを結ぶ直行便運行の計画が見送られた。

 ミャンマータイムズ紙によると、カンボジア政府が訪問者数を増やす一環として提案していたものだったが、ミャンマーナショナル航空が、需要が低すぎると見送ったという。

 カンボジア民間航空庁(SSCA)の広報官は、「ミャンマーナショナル航空は2017年、直行便の運航ライセンスを申請していた。両国間は合意しているため、航空会社がライセンスを申請する際には、それを歓迎する」と述べた。

 両国は昨年11月、シェムリアップのアンコール遺跡とミャンマーのバガン遺跡との間の観光客の流れを互いに増強する覚書を締結している。

 この合意の一環として、「アンコール・バガン」と呼ばれる1つの観光地を構築し、両国は2カ国にまたがる1つの目的地を実現しようとしており、観光業者は直行便を通じた観光客の増加に期待していた。

関連記事
観光
インドネシア・ジャカルタからの初の直行便がプノンペンに着陸[観光]
(06月24日)
観光
マカオのカジノ運営会社 アンコールワット近郊で土地購入[観光]
(01月06日)
経済
ケニアへの初の直行便を発足することに合意 カンボジア[経済]
(12月13日)
経済
ネパールとの航空便発足へ カンボジア[経済]
(11月29日)
経済
水祭り期間 シアヌークビルは観光客伸び悩みか カンボジア[経済]
(11月21日)
経済
4ヶ国間の直行便を増やすプロジェクト カンボジア[経済]
(11月20日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
カンボジア人の声 マダムサチコ・アンコールクッキー リー・ミニア
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース