カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年3月27日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所 2社目のビジネススクールと提携[経済]

news_201803272
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)は3月20日、より多くの中小企業(SME)を株式市場へ誘致するため、ビジネススクールのCEOインスティテュートと資本調達の協定を締結した。CSXは先週、サクセスコと同様のパートナーシップを締結し、今回は2回目だ。

 CSXのホン・ソク・ホーCEOは、「中小企業の市場参入の促進を期待している。カンボジアには50万以上のSMEがあり、その多くは資金調達に苦労している。CSXは、コンサルティングとトレーニングをサポートし、競争力をもつ企業になるよう支援する」と述べた。

 CEOインスティテュートのオム・セン・ボラ会長は、「地域経済の強化を目標とし、家族経営の企業を専門企業に変えるのを手助けする。CSXとの共同研究により、CEO研究所のメンバーの業務拡大が可能だ」と話した。

 2015年、CSXは中小企業の誘致を目的とし、上場要件を緩和した「グロースボード」と呼ばれる取引プラットフォームを開始した。要件は、資本金が最低50万ドル、監査後の財務実績は1年間のみだ。

関連記事
経済
カンボジア証券取引所 中小企業の上場促進に向けビジネススクールと提携[経済]
(03月17日)
経済
カンボジア証券取引所 ウェブサイトとアプリをローンチ[経済]
(03月06日)
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(01月18日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
経済
プノンペン水道公社 浄水場の拡大は株価にも影響か[経済]
(10月31日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
業界
国際基準に則った教育が、大学・企業ともに必要[人材] ケイシー・バーネット (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース