カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年3月26日
  • カンボジアニュース

トヨタカンボジア 世界的なシェアオフィスと起業家プログラムを設立[経済]

news_201803263
(c)Khmer Times

 インパクトハブプノンペンとトヨタ(カンボジア)は、輸送、スマートシティ、道路安全、環境を取り巻くソリューションを創造する若手イノベーターを支援するため、新しい起業家プログラム『トヨタインパクトチャレンジ』を設立する。クメールタイムズ紙が報じた。

 これは、若者がこれら未開拓分野の意識を高め、リーダーになることを目指すプログラムで、インパクトハブプノンペンで4月7日に開始予定。資金は約1万ドルで、最初のテーマは、輸送と道路安全だ。

 インパクトハブは、起業家のためのプノンペン最大のコミュニティ及びコワーキングスペースで、グローバルに展開している。

 インパクトハブプノンペンの責任者は、「トヨタインパクトチャレンジの目標は、ベンチャー開発の最も難しい部分を支援することだ。起業家がインパクト主導型の製品を作り、投資を受け、プラスのインパクトを生み出す事業計画を立てるよう支援する」と述べた。

 インパクトハブによると、4月7日に申込み開始で、2日間のブートキャンプを経て3チームが選ばれる。選ばれたチームは、6か月に渡りメンター、ワークスペース、インパクトハブのネットワークが提供され、インキュベーション終了後に、1万ドルの資金提供を得るチャンスが与えられる。

関連記事
経済
ベトナム発 コワーキングスペース会社 カンボジアに参入[経済]
(12日)
経済
グラブ トゥクトゥク配車サービスを試行開始[経済]
(03月27日)
社会
カンボジアICTコンテスト募集開始 総額賞金は2万7000ドル[社会]
(03月25日)
経済
米ウーバーがカンボジアなど東南アジア事業をグラブへ売却か[経済]
(02月18日)
経済
カンボジア政府 ICT分野強化のため日本と連携[経済]
(01月24日)
経済
エプソン カンボジア市場の売上高40%増加[経済]
(01月21日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース