カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年3月16日
  • カンボジアニュース

ゴールドタワー42 政府の強い要請を受け2019年末までの竣工を約束[経済]

news_201803164
(c)Khmer Times

 建設を再開したゴールドタワー42は、カンボジア政府からの強い要請を受け、2019年末までの竣工を約束した。クメールタイムズ紙が報じた。

 ゴールドタワー42は、モニボン通りとシアヌーク通りの交差するプノンペンの中心部に位置し、399室の住居エリアや地下駐車場や小売・オフィススペースを備える42階建ての多目的商業施設だ。

 同プロジェクトは2008年、韓国企業ヨンウー・カンボジアにより建設を始めたが、度々建設延期し、2017年3月には停止していた。しかし昨年11月、所有者であるヨンウーが、プロジェクト完成のため、中国企業と契約を結び、建設が再開されていた。

 ヨンウー・カンボジアの代表者は、「2019年末までに完成し、完成次第ユニットの販売を開始する。これまでに1億ドルを投資し、さらに1億4000万ドルを追加する」と話した。

 ある不動産会社のCEOは、「建設放棄されたゴールドタワー42は街のイメージを非常に悪くしていた。購入を検討する投資家が不足することはない。完了すれば成功するだろう」と話した。

 国土整備・都市化・建設省の広報官は、「政府がプロジェクトの遂行を強く要請した。我々は、この状況が続くことを望んでいない。他の開発者に対しても、プロジェクトの一時停止は警告に値する」と語った。

関連記事
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(01月04日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(01月03日)
社会
すべての建物に身体障害者の対応を要求 カンボジア建設省[社会]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
プレアシアヌーク州当局が放置する建材を強制撤去[経済]
(12月25日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース