カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年2月18日
  • カンボジアニュース

米ウーバーがカンボジアなど東南アジア事業をグラブへ売却か[経済]

news_201802185
 

 16日、米国の配車サービス大手ウーバー(Uber)が東南アジア事業をシンガポール同業最大手のグラブ(Grab)に売却する準備を進めている。米CNBCテレビが報じた。

 カンボジアでは、昨年9月にウーバーが配車サービスを本格的に開始し、昨年12月にグラブが事業を開始した。

 グラブは既に、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマーでタクシーやバイクの配車サービスを展開しており、カンボジアは8カ国目となる。なお、当面のサービス対象エリアはプノンペンのみだが、今後は他の主要都市にも拡大する予定だ。

 ウーバーは2019年までの上場を目指しており、より収益が見込める地域に経営資源を集中させる戦略で、2016年には中国事業を中国の同業大手、滴滴出行に売却している。

 ウーバーは売却の見返りにグラブの株式を取得する方向という。

関連記事
経済
カンボジアが目指すデジタル経済は時間を要する オーン経済財政大臣[経済]
(13日)
経済
グラブカンボジアと提携し運転手に金融サービス開始 ウーリ銀行[経済]
(02月11日)
経済
小口資金融資アプリ「スピアンローン」 30万ドルの資金調達[経済]
(02月08日)
経済
シンガポール発の配車アプリ「タダ(Tada)」がカンボジアへ新規参入[経済]
(01月31日)
経済
カンボジア人の若い起業家が出前アプリに新規参入[経済]
(01月24日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(01月03日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア人の声 MEIHO ENGINEERING Inc. チューン・チャナ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース