カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月4日
  • カンボジアニュース

11のマイクロファイナンス機関のライセンス取り消しを発表 カンボジア国立銀行[経済]

news_201801041
(c)Khmer Times

 カンボジア国立銀行(NBC)は、首都圏外で活動する11のマイクロファイナンス機関(MFI)のライセンスを取り消すと述べ、NBCの権限により設定されている規制や法を遵守していないと主張した。クメールタイムズ紙が報じた。

 NBCは、今回のライセンスの停止は、他のMFIに対して法律に従って運営し、公平に競争するよう模範を示すとしている。

 カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)には、39のMFIと6の地方信用機関の計45のメンバーが所属している。CMAのローン・ポートフォリオは、177万9171口の口座で約2兆285億ドルに達している。

関連記事
経済
カンボジアへの外国直接投資額、2020年は10%増を予測[経済]
(10日)
経済
建築資材の輸入総額15億ドル、前年比50%増 カンボジア[経済]
(08日)
経済
米中貿易戦争の影響により増加する直接投資 カンボジア[経済]
(07日)
経済
PPCBankは、カンボジア証券取引所で社債の上場を検討[経済]
(03日)
経済
ASEAN諸国の銀行、デジタル革新を迫られる[経済]
(11月26日)
経済
カンボジア中央銀行、銀行間小売決済システムを開始[経済]
(10月17日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース