カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月12日
  • カンボジアニュース

工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]

news_201801121
(c)Khmer Times

 2017年の工場での失神者数は2016年に比べて28%減少した。クメールタイムズ紙が報じた。

 国家社会保障基金(NSSF)によると、2017年に失神した1160人の労働者のうち、1159人が女性で、失神した労働者の事例はプノンペン、カンダール州、コンポンスプー州の18の工場だとしている。

 先週イット・ソムヘーン労働・職業訓練相は、失神者数を減らすために11の項目を含むガイドラインを発表した。

 カンボジア縫製業協会(GMAC)の役員は、失神を防止するためガイドラインを周知すると語った。

関連記事
社会
カンボジアの大気汚染、工場や車両、森林火災、廃棄物の焼却などの煙が原因[社会]
(20日)
労働
縫製労働者の失神例は昨年減少した カンボジア[労働]
(15日)
社会
4380万ドル費やし貧困者等に健康管理サービスを提供 カンボジア[社会]
(12月27日)
経済
カンボジアの製薬会社、鎮痛剤の輸出を検討[経済]
(12月19日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(12月04日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース