カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月12日
  • カンボジアニュース

工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]

news_201801121
(c)Khmer Times

 2017年の工場での失神者数は2016年に比べて28%減少した。クメールタイムズ紙が報じた。

 国家社会保障基金(NSSF)によると、2017年に失神した1160人の労働者のうち、1159人が女性で、失神した労働者の事例はプノンペン、カンダール州、コンポンスプー州の18の工場だとしている。

 先週イット・ソムヘーン労働・職業訓練相は、失神者数を減らすために11の項目を含むガイドラインを発表した。

 カンボジア縫製業協会(GMAC)の役員は、失神を防止するためガイドラインを周知すると語った。

関連記事
日系
プロキャスト 介護労働者の為に300万ドル資金援助 カンボジア[日系]
(20日)
労働
1000人のメイド派遣プログラムに基づき 14人が香港へ[労働]
(12月30日)
社会
カンボジア保健省 食中毒発見件数の減少を発表[社会]
(12月24日)
社会
カンボジアの自発的な献血は約3割 近隣諸国に比べ低い[社会]
(12月23日)
社会
ミャンマー カンボジアに抗毒血清を輸出[社会]
(12月21日)
経済
カンボジア縫製業界 短期雇用契約の削減に向け大臣令承認の見込み[労働]
(12月18日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース